読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

io2o989iのメモメモメモ

DVDや観劇の感想を自分用に。

演劇「ハイキュー!!」"勝者と敗者" 東京 を観た

音楽がめちゃめちゃかっこいい
セッター=指揮者 チーム=楽団 な演出めちゃめちゃかっこいい

あんなのはズルい
かっこよくてにやにやするし、わくわくするし、はらはらした。


が、話の核となる部分が腑に落ちなかった。
影山が及川さんに殴られそうになって「こわい」って思うシーンがあるが、どうしても納得いかない。
他のシーンに関しては自分の解釈とちがっていても『舞台はこういうアプローチなんだな』と思えるけど…あれはいただけないな。
影山が及川さんに対して抱いてる気持ちは、恐怖じゃなくて越えられない壁(あるいは越えたい壁)への畏怖・尊敬でしょ?そこはハイキューという物語を読むうえでの共通認識だと思ってたんだけど……もやもや。